"第57回姫路学会"のページ 学会の模様をスライドショーでご覧いただきます。また、論文、研究発表をダウンロードできます。

第57回全国理容学術会議

テーマ「変わる価値」「変わらない価値」

日時 2010年9月13日
会場 ホテル日航姫路
実行 兵庫県芸美会

  『姫路学会』 お礼
 新年おめでとうございます。会員皆々様には佳き年をお迎えの事とお慶び申し上げます。  昨年の「姫路学会」には、多数ご参加賜り、またご協力賜りましてまことにありがとうございました。不況の折、又遠方より、学術会議に207名、懇親会に164名のご参加を頂、盛大に催すことが出来ました事、兵庫県会員の無上の喜びであり、これひとえに全国会員皆様のご協力の賜物と心より感謝申し上げます。  「変わる価値」「変わらぬ価値」というテーマを掲げ、もう一度原点戻って考え直してみよう。それぞれに適した一流の講師のお話の中から何かをつかめたらとの考えから出発したのですが、正に、一流の方の語る言葉は誠に示唆に富んだものでした。  「変わらぬ価値」を守り続ける大切さと、そこに技術者の感性、情感を加えて「変わらぬ価値」を高めてゆく事で、理容業としての存在感が示されると確信していただけたと思います。  楽屋話になりますが、姫路学会のプログラム作成にあたって、北川一成氏の印刷会社に依頼したデザインとは、かっこいい感覚と共に、人々に分かり易く、本質を伝えるものでなければならないと痛感させられました。理容師の創り出すデザインもそうあらねばならない。それでこそ世に認められて「変わらない価値」となっていくのでしょう。  私達が進むべき道の灯りが示された学会だったのではないでしょうか。  懇親会では、一流の演奏者の音色を生で聴いていただきました。鳥肌が立つほど感動しましたが、皆様にも忘れられない貴重なひと時であったことと喜んでいます。  兵庫県の思いは長崎県が受け継いでくれます。長崎ハウステンボスで、皆様と再開できることを願ってお礼のご挨拶とさせていただきます。  ありがとうございました。
兵庫県芸美会 会員一同
兵庫県芸美会徳田 雄一
研究発表・提案 ”「量の理容から、質の理容へ」 「一客一亭」”
石川県芸美会 田島 徳久
研究発表・提案”『侍カット』”

次年度開催は長崎県佐世保市で9月19日に開催されます