HOME    のお知らせ  

diary

2014/09/13()ジャーナル
われわれは「朝日」という「言論」の終焉を見ているのかもしれない。「ジャーナル」が無くなり「マスコミ」が謳歌し「メディア」が主役となった。なぜなら「真実を伝える」ことができなかった時点で「ジャーナル」は崩壊するからだ。「朝日」に限らず「言論界」の凋落は、原発を止めることもできない。武器輸出三原則を破ることに何もできなかった。憲法を勝手に解釈し閣議決定だけで押し通す政治を放ったままだ。
「言論」が権力に擦り寄った結果が自壊に繋がった。新聞社が広告で成り立てば「言論」は封殺される道理だ。広告なかりせば、経営はできないのである。広告主の最大手は「政府」である。政府広報費が新聞を支えている。
かつて、戦争を煽った新聞である。
今日、嘘を書いた新聞である。
終焉も宜なるかな。
2014/05/29()巨星旅立つ
森下祐一、全日本芸美会総本部副会長が5月21日ご逝去されました。享年88歳を一世とされました。私は若くして親父を亡くしたものですから、実の親父から人生訓なるものを聴いた事がありません。私にとっては仕事の師匠は男の背中で人生を語って戴きました。森下先生は言葉で人生を語って戴きました。まず、思い出すのは、仕事と人との最初の出会いは心のコップは空っぽに、真っ白な気持ちで出会いなさい。仕事を教えて貰う時は、理解したなぁと一つ一つ確認されました。理解していないけど解りましたと答えるとどう解ったかと説明を求められました。考える理容、理論だてての仕事を教えて戴きました。また、忘れられない一言が;与えることを知って、報われぬ事を知らず、これ王者の風格なり;まだまだ、与えて戴く事の多い人生です。旅立たれる日に誓います。少しでも一人前になれる様日々精進を積み重ねてまいります。只々、お礼の言葉しかありません。

合掌
2014/05/28()巨星旅立つ
森下祐一、全日本芸美会総本部副会長が5月21日ご逝去されました。享年88歳を一世とされました。私は若くして親父を亡くしたものですから、実の親父から人生訓なるものを聴いた事がありません。私にとっては仕事の師匠は男の背中で人生を語って戴きました。森下先生は言葉で人生を語って戴きました。まず、思い出すのは、仕事と人との最初の出会いは心のコップは空っぽに、真っ白な気持ちで出会いなさい。仕事を教えて貰う時は、理解したなぁと一つ一つ確認されました。理解していないけど解りましたと答えるとどう解ったかと説明を求められました。考える理容、理論だてての仕事を教えて戴きました。また、忘れられない一言が;与えることを知って、報われぬ事を知らず、これ王者の風格なり;まだまだ、与えて戴く事の多い人生です。旅立たれる日に誓います。少しでも一人前になれる様日々精進を積み重ねてまいります。只々、お礼の言葉しかありません。

合掌
2014/02/25()なるほど
今日は「反対意見を発言し合う」というお話をさせて頂きます。

■組織は、考え方の集まりです。ゆえに、どんなことに対しても...
「賛成もあれば反対もあるのが現実」です。
反対意見が言えない組織は間違いなく、「衰退」します。

■GM(ゼネラルモータース社)の元CEOであるアルフレッド・スローンは、会議が満場一致のときは、けっして意思決定しなかったそうです。
「この問題について、異なる見解を引き出し、もっとよく理解する必要があるので決定を次回まで延期したい」
このように、敢えて意図的に反対意見を発言し合う場をつくり出し、
「物事に対する認識を深めていった」そうです。

■ドラッカー教授は、正しい決定は、共通の理解と、対立する意見、
競合する選択肢をめぐる検討から生まれる。と指摘されています。

■意図的に「反対意見を発言し合う場」をつくってください。
2014/01/11()謹賀新年
あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。我々の業界も景気の波が遣って来る事を大いに期待する年でありたいものですが、その前に今年はシンプルに生きて見たいと思います。
人生は単純にシンプルに生きるのがいちばんいい。

単純に好きな人とシンプルに暮らせればいちばんいい。

単純にシンプルに生きれば、ほんとうに大切なものがちゃんと見えてくるものです。

では、シンプルに生きるためには具体的にどうすればいいか。

ドミニック・ローホー著『シンプルに生きる』(幻冬舎)の中から、紹介します。

 シンプル主義の30ヵ条 

1、嫌なことは引き受けない

2、物を処分したり、他人にあげたりすることに罪悪感を抱かない

3、余計な装飾品は捨てる

4、自分の家が火事になったと想定して、まず何を買うべきかリストをつくってみる

5、その場合、買わなくてもすむものもリストアップする

6、好きだけど一度も使用したことのないものは、写真を撮って処分する

7、自分の経験を自分の欲求に照らし合わせたうえで迷いが出る物は捨てる

8、一年間一度も使わなかったものは、すべて捨てる

9、大事なもの以外何もいらないをおまじないにする

10、欲求と必要の違いを区別できるようにする

11、自分にとって必需品であると信じていたものがなくても、どれだけ「もちこあえられるか」を試してみる

12、可能な限り物質的なものを排除する

13、場所を移動させただけで「片づけた」と思わない

14、シンプルにするとは、
愛する者を排除するのではなく、幸せのために役にも立てず、貢献しないものを排除するのだと
自分に言い聞かせる

15、取り替えのきかないものはないということを肝に命じる

16、取っておく物の数を決める(スプーン・シーツ・靴等々)

17、それぞれのものの置き場を決める

18、空き箱、袋、空き瓶などを溜めこまない

19、家事作業を行う服は二揃い以上持たない

20、大事な書類、領収証、カセットテープやDVDなど行き場のないものを整理する戸棚を一つ用意する

21、一つ一つの物を必要かどうかチェックする

22、常に「どうしてこれをとっておくのか」と自問自答してみる

23、泥棒が入っても、盗っていくものがないくらいにしておく

24、自分の所有物を試しにすべてリストアップしてみる

25、たとえそれが想い出の品であっても、自分を苛つかせる物から自分自身を解放しなくてはならないと、自分に言い聞かせる

26、手元にお金がある時のみ買う

27、品質の良さを長年示してきた伝統的なものを信用する

28、これ以上段取り出来ないところまで段取りする他はすべてカットする

29、新規に購入するものは、かさ、重さ、大きさにおいて小さいものにする

30、関わっている様々な活動の数を減らす

    単純にシンプルに
  心豊かな人生を〜♪
日付: パスワード:

切って出し日記 Ver1.4 CGI-PLANT